Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /var/www/vhosts/kyoto-beauty.jp/httpdocs/inc/special.inc on line 93 ネイル流行 in Japan|Kyoto Beauty Nailist~プロのネイリストがアナタの疑問質問にお答えします。
  • HOME
  • Kyoto Beauty Nailist
  • ネイル流行 in Japan

SPECIAL2 Kyoto Beauty Nailist~プロがアナタの疑問質問にお答えします。

皆さんが日頃感じておられる疑問・質問を、その道のプロの方にお答え頂くこの企画。第5回です。

第5回「ネイル流行 in Japan」

時代によって、ファッションの流行があるように、ネイルにも時代毎の流行があります。
そこでネイルの流行の歴史について振り返りましょう!

1985年 JNA(日本ネイリスト協会)設立

設立された頃は、ネイルはまだまだ受け入れられにくかったそうです。

1990~2000年頃 一部の人がスカルプをし、じわじわと浸透しだす。

この頃、スカルプは約3~5万円/10本!!
東京では10万円のサロンもあったそうです!
ちなみに、ジェルコートは定着していなく、
トップコート仕上げのベース価格です(~0~;)
まるで電化製品のような価格差(笑)

2001~2005年頃 スカルプ、ハードジェル、ネイルチップ(つけ爪)、アートが世間で流行り出す。

神田うのさんや浜崎あゆみさんが
“ネイルクイーン”に選ばれた事もあり、
話題を呼びネイルが広がりだしたのがこの頃。

2006~現在ソフトジェル、スカルプが主流に。

“自爪にやさしく、つやつやなネイルが長持ち”する
ジェルネイルが人気爆発に。
スカルプ派だった人もジェルネイルにチェンジして、自爪を伸ばしていく、といった方が増えてきました。
ただし、ネイリスト達の中ではスカルプ人気は衰えませんね^^
スカルプの仕上げは”ジェルコート仕上げ”が定番!

最近では、新感覚ネイルに、MiNxも登場!!
これからもネイルの歴史は次々と変化していきそうですね♪